固定残業代制でも残業代は請求できる

日本の労働環境は他の先進国と比べて低い水準にあります。

労働者の健康や命を脅かす長時間労働や過労死の問題は特に深刻で、国内外のメディアで頻繁に取り上げられるようになりました。最近ではそれらの問題に加えて、給料未払いのトラブルが増加しています。残業しても給料が支払われず、ただ働きするを強いられている労働者は多いです。

ここ数年の間に特に増えているのが、固定残業代制に関するトラブルです。固定残業代制は別名を「みなし残業」と言います。固定残業代制は、給料と残業代をあらかじめセットにした制度で、企業は毎月一定額の残業代を支払う必要があります。

名称に「固定」とあるので、多くの人は一定以上の残業代は支給されないと思ってしまいがちですが、決められた時間を超えた場合は、超えた分の残業代を受け取ることが可能です。代表的なみなし残業のトラブルは、超過分の給料の未払いです。

あらかじめ決められた時間を超えた場合、企業は超えた分の給料を従業員に支払わなければなりません。しかし、「一定額以上は残業代を支払わなくてよい」と勘違いする会社が少なくなく、「長時間残業をしても、超えた分の給料が支払われない」というトラブルが多々起きています。

この他、休日労働・深夜労働で発生するはずの割増賃金が、適正に支払われないケースもあります。給料が適正に支払われず、会社が要求を拒んだ時は、労働基準監督署や弁護士に相談して、待遇改善請求や賃金請求を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です