残業代請求するなら弁護士に頼もう!

残業代請求をしたい、そう思った時に頼りになるのは弁護士です。

個人では請求に応じてくれなかった会社でも、弁護士がつくことで支払いに応じてくれる可能性は大きく広がります。会社側の残業代の未払いの理由として、言われないから払わない、というケースもあるようです。

そんなときに、弁護士が請求書などを送ると、案外すんなりと払ってくれることもあります。残業代請求で悩んでいる方は、一人でやろうとせず、まず相談できる弁護士を探してみましょう。頼むにあたって、費用がどのくらいかかるのか気になる方も多くいらっしゃることと思います。

実際のところ、費用については事務所によって違います。ただ、相場はこのくらい、というのがあるので、まずはネットなどで、どのくらいの費用がかかるのかを調べてみましょう。また、無料相談を行っている個人や事務所がほとんどなので、まずはそれを有効利用するのも一つの手です。

その際、残業代請求などの労働問題でどのくらいの実績があるのか、説明がわかりやすいか、親身になってくれるかなどの点に注意して相談してみましょう。雇う弁護士を慎重に選んだら、あとのことは概ね任せてしまって大丈夫です。

ただ、こちら側が用意しなくてはいけないものもあります。残業代請求の証拠を集めておかなければなりません。始業、終業時間を証明できる書類や、雇用時に提示された残業代に関する就業規則などのかかれた書面などが証拠になります。

これらを集めることで、より会社に支払ってもらえる確率が上がるので、依頼者はあらかじめ用意しておくのが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です