残業代請求なら実績ある弁護士に任せるのが一番!

未だに支払われていない残業代請求をしたい。

こんな風にお悩みの方は、迷わず信頼のおける弁護士に相談してみましょう。残業代請求が出来るのは、残業をした日付けから2年以内となります。2年を超えてしまうと残業代を支払ってもらうことが出来なくなります。おかしいなと思ったら、一日も早く解決してしまうのが一番です。

サービス残業や毎日の積み重なった残業で、どれくらい請求して良いのか分からないといった方も多いようです。タイムカートや勤務の日誌など、毎日の勤務時間が分かる書類を証拠として残しておきましょう。残業代請求は、現在勤務中の職場に限りません。

退職したけれど職場での残業手当も、しっかりと請求する事が出来るのです。また、残業手当はもらったものの、実際に働いた時間と計算が合わない。そんな場合でも、正しい金額を請求することが可能です。

その他にも、請求したいけれど言い出しにくい、上司に伝えてみたけれど受け合ってくれない、などといった場合でも、法律の専門家である弁護士ならスピーディに解決をしてくれます。忙しいので手続きが中々できない、法律関係については無知なので難しそうといった方でも、経験豊富な弁護士に全てお任せできます。

資料の収集から会社との交渉まで、法律のプロである弁護士が迅速に行います。働き過ぎてストレスをため、心身の状態を崩す方も増えています。労働者の権利をしっかりと守るためにも、正当な残業代請求を、実績ある弁護士に任せてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です