未払いの残業代を請求するには

従業員に正当な給料を払わない企業がブラック企業と批判されて久しいですが、それでもなお、不当な手段で人件費を削減しようとする企業は存在しています。

企業にとって人件費は費用の中でも大部分を占めており、利益をあげるために人件費を削減するのが手っ取り早いと考える企業は現実として多いです。良心的な企業は、従業員の仕事の生産性をあげることで、職場の生産性自体を向上させる方法を取ろううとし、そのための方法を練ります。
ところが、悪質な企業の中には、退社したように見せかけてその後も働かせるなど、いわゆるサービス残業をさせようとする企業が存在します。こうした企業は従業員に残業代を請求させない、あるいは実際より少なく請求させるよう圧力をかけたりします。そういった企業で勤めている場合、未払いとなっている残業代を請求するにはどうすればよいでしょうか。
未払いの残業代を請求するには、自分が実際に残業していたという客観的な証拠が求められます。証拠がないのに請求しても企業からは認められず、逆にさらなる圧力を受ける事態になりかねません。タイムカードは一番の客観的な残業の根拠となりますが、中にはタイムカードを押した後に残業している人もいるでしょう。
そうした場合にはたとえば、毎日後からつけたように見えない日記をつけたり、実際の退社の時刻を写真で撮っておくなどの自衛策が求められます。客観的な証拠は数があるに越したことがないので、残業代未払いを証明するためにも、自分が実際に働いた時間を毎日正確に記録しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です