残業代の未払い請求で戦う時の証拠集め

一日に八時間、週にして四十時間以上働いているのに、残業代が未払いであるといったケースは珍しくありません。

そんな時は残業代の未払い分を請求することが可能です。ただし、ここで頭に入れておかなければいけないのは、残業代の未払い請求には、必ず証拠が必要だという点です。証拠がない場合は、ほとんど勝ち目がないと理解しておきましょう。では、その肝心の証拠ですが、就業規則が書かれた書類が必要です。これには就業時間、時間外労働の有無、休みの日数などが記載されています。
支払われなかった給与を計算する際に使われます。ただ、企業によっては、就業違反に問われないために、あえて作成していないこともあるので事前に確認しておきたいです。
もしもタイムカードがあるなら、それもれっきとした証拠となります。始業と就業時刻が載っているため、実際に労働した時間を立証できるからです。加えて、会社のアカウントでやり取りしたメールの記録もあれば、残しておくと良いです。時間が記録されるためで、労働していたことの証明になるのです。
それ以外にも、その日の勤務内容や退社した時刻などを、会社のパソコンから自分のスマートフォンに送信しておく手もあります。また、日記をつけておくのも有効です。出退勤の時間や天候など、事細かく書いておけばそれだけ信ぴょう性は増していきます。上司から残業を頼まれた時の指示書やメールも大切に保管しておくと、裁判では有利に戦えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です