未払い残業代について

残業代の未払いがあるという場合は、例えば弁護士等に相談することで会社から支払ってもらえる可能性が十分にあります。

ですがそのためにはその時間は確かに仕事をしていたということを自ら証明する必要があります。つまり、未払いの残業代があって困っているという場合には、その証拠を集めておくようにしましょう。
具体的にどんなものが証拠になるかというと、タイムカードがあればそれが一番確実であることは間違いないのですが、残業代の未払いを起こすような会社はタイムカードがないか、あってもきちんと運用されていないことがほとんどでしょうから、あまり当てにはできません。業務で利用したメールやFAXの送信記録というのは有力です。その時間には仕事をしていたことが示せるからです。
パソコンのログアウト記録というのも有力なのですが、これはなかなか自分自身で記録を持っておくということが難しいでしょう。仕事でパソコンや電子メール、FAXのような電子機器を特に使っていないという人はどうすればよいのでしょうか。これは手書きの記録しかないような気もしますが、考え方を少し変えれば自動的に残る記録というのはない訳ではありません。
たとえば帰宅にタクシーを使わざるを得なくなった場合、その領収書に時刻が印字されていればそれは一つの記録になり得ます。鉄道のICカードでも利用時刻を自分で把握できるものがあります。なお、自分自身の手書きメモであっても記録になる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です