残業代の未払いについて

未払いの残業代があって困っているという人もいるでしょう。

もちろん上司に言って何とかなるものであればまずそうするべきですが、上司に言ったくらいで残業代の未払いをすんなりと払ってくれるような会社であれば、そもそも未払いなど起こさないことが普通だと考えられます。
ということで、実態として残業代が支払われていないということであれば、こちらとしてもそれ相応の覚悟が必要になるでしょう。相手は会社という組織なのですから、いい加減な対応では泣き寝入りするだけです。労働組合がある会社であれば組合に相談する方法もありますが、これまた、組合があってしっかりと機能しているような会社であればそもそもそんな問題を起こさないことが普通でしょうから、現実的にはあまりあてにはなりません。

一つには弁護士に相談するという方法があります。実際にどれくらいの仕事をしていて、どれくらいのお金が支払われていないのかの確認のほか、どのようにすれば支払ってもらえるか、そのためにはどんな準備が必要かということの相談に乗ってくれるでしょう。もちろん未払いの残業代は、あとからであっても法律上は会社に支払わせることができますが、それには残業時間を示せる証拠が必要です。

タイムカードのある会社であればそれも証拠になりえるのですが、この状況で会社の管理するタイムカードをを当てにするのは困難でしょうから、ある程度は自分で揃えるようにする必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です