未払い残業代を請求する方法

時間外の労働をしているにも関わらず、それに見合った金額が支払われないケースが多々あります。

使用者は労働者に対して時間外の手当てを支払う義務があるので、労働者側は未払い残業代の請求を会社側にする事が可能です。

実際に請求をするには、自分がどれくらいの時間外で働いているのかを把握しておく必要があります。未払い残業代を請求するには、証拠集めをしっかりとして会社側に提示するようにします。

ここで有効な書類の一つにタイムカードの写しがあります。残業時間の証明は直接金額に跳ね返ってくるので、最も重要ですが最も難しいところとも言えます。

過去の書類を会社に見せる様に依頼するのも言いにくいのが現状です。

無理な場合は、とりあえず何らかの形で日頃から代用する様に心がけも必要です。出退勤時刻は重要なので記録する習慣を身に付け、残業時の業務内容が分かるものと組み合わせれば確実な証拠となります。未払い残業代を請求するまでは、会社に証拠集めをしている事を知られない事も大切です。怪しいと思われると重要な証拠を隠蔽する悪質な会社もあるかもしれません。証拠が揃ったら、口頭、書面、裁判など様々な方法がありますが内容証明郵便を会社に送る方法もあります。

ただし、宣戦布告の様なもので会社との対立を覚悟している場合にしてください。会社との溝を作りたくない場合は労働基準監督署より指導や是正勧告をしてもらう事ができます。この際は、匿名でお願いしますと一言付け加えると自分に被害は及びません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です