未払い残業代を請求する為の証拠

労働者の常識として残業をすれば、当然残業代がもらえる事は一般に広く知られている常識です。

しかし、中には残業代が支払われずにいるケースも少なくありません。

未払い残業代を請求するにあたり最も重要となるのが証拠の収集で、これらを会社側に提出し、しっかりと支払いしてもらう事です。実際に、未払い残業代請求をする上で重要となる証拠の大前提として、雇用契約の締結を立証するものが必要です。

具体的には雇用契約書・労働条件通知書となります。この2つには、時間外手当に関する取り決めが記載されている可能性も高い事から大切な書類となります

次に雇用契約中の時間外労働に関する合意の内容が書かれた就業規則も必要となります。

これは、所定の労働時間、所定休日、時間外手当の内容が掛かれ手織り残業代計算において重要な要素を特定する証拠となります。使用者は労働者の毎日の実労働時間を把握する義務があり、タイムカードで管理されている場合はコピーを取って保管しておく事も大切となります。その他では、就業中のメールのやり取りの内容やログイン記録があれば時間外の証拠になります。

労働者が未払い残業代を請求するには、証拠があればあるほど有利となり直接使用者に交渉できます。交渉に応じてくれれば良いですが、決裂した場合には労働基準監督署や法的な手段へと進む事になります。ただし、それらは大事になり使用者との関係も悪化する事になるので覚悟も必要になるのは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です