未払い残業代を請求するには

未払いの残業代は退職前でも退職後でも請求する事が可能です。

しかしどこまでも遡って請求できる訳ではなく、残業代の時効は2年なのでそこまでは遡って請求できます。

未払い残業代の請求方法はいくつかありますが、まずは直接雇用主に請求する方法です。この場合は弁護士などに仲介を依頼する訳ではないですし、裁判でもないので費用はかかりません。

そのためできればこの方法で解決できた方が良いですが、本人同士では解決できない事も多いです。

2つ目は労働基準監督所に申告する方法です。労働基準監督署は労働トラブルにも対応してくれるので、相談しにいく事で本人同士では解決できなかった問題の解決に繋がります。しかし労働基準監督署に対応してもらう時は労働があったのに支払われていない残業代があるとい証拠がないと対応してもらえない事もあるので、事前に証拠を保存しておくべきです。

他には通常の裁判や労働審判で請求する方法があります。

裁判となれば弁護士費用も必要になってくるので、費用はかかってしまいますが問題が解決できない時は裁判という選択肢もあります。

未払い残業代を請求する時はいずれの方法を選択するにしても証拠があった方が優位に話を進められるので、タイムカードの履歴や社内のメール履歴などを保存しておくと良いです。裁判に持ち込んで請求する場合には未払い残業代だけでなく、遅延損害金も請求できるので未払いになっている額や期間も考慮して方法を選ぶべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です