未払い残業代は労働者にも企業にも良くないこと

残業をした際に残業代を支払うと言うのは法律で定められていることです。

しかし日本ではサービス残業と言う言葉がある通り、
タダで残業をするのは仕方ないこと、やむを得ないことと言う意識が常態化している傾向があります。

ですが未払い残業代があると言うのは、当然のことですが労働者にとっても企業にとっても決して良くはないことです。

まず労働者にとってですが、未払い残業代は本来であれば受け取っていて然るべき賃金です。

それを受け取っていないと言うことは、それだけ賃金的には損をしていると言うことができます。更に未払い残業代が発生し続けていることでサービス残業が慢性化して、それが改善される見込みもないと考えられてしまうのも問題点です。

ちなみに未払いの残業代に関しては、企業相手に支払いを求めることも可能です。ただし賃金請求権は2年と定められているので、年月が過ぎてしまうと請求できる額も少なくなってしまうので注意が必要です。

そして企業にとっては、未払いの残業代があると言うことは法令に反していることにつながります。

更にもし、未払い残業代の請求を多くの労働者から一斉に求められた場合には、それを一度に支払わなければならないことから経済的な打撃を受けることも予想されます。加えて、このことがニュースなどで取り上げられた場合には、社会的信用を損ねることにつながる恐れもあると考えられます。

ですからどのような雇用形態、給与形態をとっているにしても企業は労働者の残業に対してはしっかり賃金を支払うことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です