歩合給制でも残業代は請求できる

歩合給制とは業績や売上などを考慮して算出される変動制の給与形態です。

営業職などに多い給与形態で個人の成績によって給与が大きく変わる事もあるのです。

労働者からすれば固定給と違って個人の実績が給与にしっかり反映されますし、雇用主からすると労働者の意欲を高める事ができるのと実績をあげた労働者に手厚い待遇ができる給与形態です。

歩合給制は成績などから算出されて給与が決まりますが、時間外労働に対する残業代が発生しない訳ではありません。歩合給制になると固定給の場合と給与の計算方法が違ってくるだけで、それ以外は歩合給制以外の給与形態と変わりません。

そのため歩合給である事が残業代が発生しない理由だというのは不当な事です。歩合給にみなし残業代が含まれていて決まった残業代を固定で支給している場合は支給している範囲内での時間外労働であればそれ以上の手当てを支払う必要はありません。

しかし歩合給であっても支給しているみなし残業代の時間数を超える時間外労働が発生した場合は超過分を追加で支給しないといけません。

もしみなし残業制でないにも関わらず一切時間外労働に対する手当の支払いをしていなかったり、みなし残業で決められた時間数を超過しているのに追加での支給をしない場合に労働者は未払い分を請求する権利があります。

請求する時は時間が労働があった事を証明できる物を保存していつでも提出できるようにしておくと請求が認められやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です