未払い残業代の請求方法は弁護士に相談すべきです

未払い残業代の支払いについて、新聞やテレビニュースなどで取り上げられることが増えています。

元来、労働者の労働時間については、職場の責任者が正確に記録し、そのデータに基づき賃金を支払う義務がありますが、このルールがしっかりと守られていないため、こうした問題が起こるのです。

このような勤務時間にかかる問題は、これまでも発生していましたが、表面化してくることは多くありませんでした。

そこには、労働者の権利が守られていなかったという実情があるのですが、近年では法律も整備されてきましたし、労働者の意識も随分と変わってきたという背景があります。

さて、未払い残業代の請求方法としては、会社に申し出る、労働審判に申し立てる、訴訟を起こすの3つのパターンが一般的ですが、疑義が生じた場合には、速やかに会社に申し出るのが正しい方法です。

その上で、会社が申し出に応じない、もしくは聞き耳を立てようとしない場合には、弁護士に相談することが得策です。最近では、未払い残業代の請求を含め、労働問題に詳しい弁護士が無料相談窓口を開設しています。

ここでは、それぞれの事案に応じた未払い残業代の請求方法などをアドバイスしてくれますので、その内容を吟味して弁護士に依頼するのが良いでしょう。

正当な労働に対して対価が支払われることは、至極当然のことであり、例え相手が会社であっても、疑義が生じたら我慢するのではなく、しっかりとした対応をすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です