未払い残業代を請求するには?

残業したはずなのに給料が変わらない、そんな経験はありませんか。

もしそのようなことがあれば放っておいてはいけません。

残業代を払わないことで刑事事件にまで発展したケースもあるくらいです。

では、未払い残業代は請求することができるのでしょうか。未払い残業代は、基本的に残業したことが証明されれば請求することができます。

有力な証拠として雇用されたときの書類、就業規則のコピーが挙げられます。

また、退社時刻がわかるタイムカードの記録も立証する上で重要なので忘れないようにしてください。では、このような証拠をそろえた上で、実際に未払い残業代を請求する方法を見てみましょう。

まず、会社と直接交渉する場合です。会社側に法令遵守の考えがあり、労働者側にも少し譲歩するという意識があるならこの方法が1番です。

上司と話し合う、または書面を提出しましょう。書面に記載する内容としては、提出日時と氏名、所属部署、現状と要求の意思、譲歩の有無、さらに回答してほしい期限も記載します。会社との直接交渉は費用もかからないので、できるだけこの方法を使いたいものです。直接交渉が難しい場合には労働基準監督署に申告することもできます。

証拠がそろっている場合は、労働トラブルとして対応してもらうことが可能です。こちらも費用がかからず、匿名で相談することもできます。残業代の計算も任せることができるので、会社に話しにくい場合はこの方法を使うのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です